logo

 

任意整理を行う前に確認しておくこと

任意整理は、今まで破産でしか債務から逃れなれない、
と思っていた方々にとっては大きな救いの手になる方法ともいわれますが、
もし任意整理を司法書士や弁護士に依頼する前に、、
必ずご自身で確認しておいていただきたいことがあります。

それは任意整理を行うことによって生じるデメリットがあるためです。
どのようなものがデメリットかと申しますと、


○ブラックリストに載ってしまう
・・・ブラックリストに載ってしまう(信用情報に登録される)と、
   5~10年間は新たな借入などが出来なくなります。

○保証人をたてている借金の場合は、請求が保証人にいってしまう
・・・その借金が保証人をたてて借入している場合、
   任意整理には、保証人への取立禁止効果等が適用されないため、
   支払いの請求(義務)が保証人に移ってしまいます。
   またこの場合、保証人は一括で借金の返済を請求されることになります。

○借金が全額免除になるわけではない
・・・あくまでも利息部分のカット等までです。 
   返済はしていく必要があります。


これらの点を理解した上で依頼されないと、
思わぬ事態を引き起こす可能性も出てきてしまいますよ、、



 

 



Copyright(C)Bilbao.The transformation of a city All Rights Reserved.