logo

 

グルコサミンとコンドロイチン


グルコサミンとコンドロイチンは並んで目にしたり、
聞いたりすることがあるかと思いますが、
同じ成分のものではありません。

グルコサミンは、エビ・カニなどの甲羅にあるキチン質に
大量に含まれているもので、天然アミノ酸の一つです。

効果としては、関節痛の痛みの緩和や関節部の軟骨再生にも
効果があるといわれていますが、医学的根拠があるわけではありません。

コンドロイチンはムコ多糖類という糖類の中の一種で
こちらも関節痛の痛みの緩和に用いられます。
コンドロイチンは薬としても用いられています。

このグルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取することで、
より吸収率が高まるとのことです。
サプリメントなどには一緒に配合されているものがあります。

これらの効果の真偽はわからない・・・というのが正直なところですが、
摂取しても特に副作用はないみたいなので
(甲殻類アレルギーの方は避けた方がよいです)、
試しに摂取してみることはよいかもしれません。



 

 



Copyright(C)Bilbao.The transformation of a city All Rights Reserved.